主婦ごりらの絵日記

30代主婦|副業・子育て・夫婦のことを絵日記で描いてます。

セックスレス②|それでも回数が0(ゼロ)にはならなかった5つの理由

f:id:syuhu-gorira:20180510204456p:image

 

こんばんは!

いつもご訪問ありがとうございます。

セックスレス①|妻(私)が夫を拒否するようになった4つの理由」のつづきです。

 

 ▼前回の記事はコチラsyuhu-gorira.hatenablog.com 

 

1.完全にセックスが無くなったわけではない

セックスレスのキーワードで検索して、皆さんの体験談を読んでいると「産後完全にレスになった」「絶対したくない」「もう生理的にムリ」という方も多いようですね。

私たち夫婦は妊娠・出産を経て、1年ほど期間が空きましたが産後半年経ってからは、たまーーーにすることがありました。なぜ完全に0(ゼロ)にはならずに済んだのだろう?とふと思ったので、自分なりに理由をまとめてみました。

結論を一言で書くと「夫よ、ありがとう」です。

 

2.回数が0にならずに済んだ理由

2-1.夫が普段から家事・育児に協力的

前回の記事で夫の事をボロクソ書きましたが(臭いとかパイ触るなとか笑)夫はとーーーっても良い人です。老若男女問わず好かれます。私の両親は私より夫の味方です(´・ω・`)

仕事が忙しく帰りが遅い日が多かったですが、帰宅したら洗い物をしてくれるし、早く帰れた日は息子をお風呂に入れてくれたり、翌日が仕事でも夜中の授乳に付き合ってくれることもありました。

また、私が家にこもりっきりの生活でどんどんストレスが溜まっていくのを見て、仕事がお休みの日には「一日息子の面倒見てるから、お出かけしてきて(*´▽`*)」と言ってくれました(もちろん授乳があるので数時間おきに家に戻りました)。それからも1~3週間に1回はリフレッシュ日を作ってくれました。いやぁ、こんだけやってくれる人って中々いないんじゃないかな・・・。感謝です。ちゃんと言葉にして伝えなきゃなぁ。

 

 

2-2.いつでも明るく優しい

夫はもともといつでも明るく優しいのですが、レス中でも態度が変わることはありませんでした。相当ガマンしてくれていたと思います。

時々Hのお誘いをしてくる時も明るく、良い意味で軽いというか。これは元々の夫のキャラなのですが、例えるとワンコ・ニャンコがじゃれるような感じです。

 

「しようよ~♥ニャン♥♥♥」みたいな。

ハイ、そこ。キモイって言わない。

 

大学時代からずっとこんな感じ。私はそんな旦那のキャラに笑っちゃうタイプです。レス中でも変わらずそんなノリなので、断っても重苦しい雰囲気にならずに済みました。まぁ、そのノリだからこそ私はお気軽に断っちゃったって面もありますが、暗い顔して「させろ!」とでも言われてたら、余計レスになってましたね。ホラーです。

 

2-3.交換条件にのってくれる

前回の記事で書きましたが、私は寝るのが大好きです。Hして寝不足になるくらいなら、正直あまりしたくありません。

 

息子のお世話で寝不足状態が続いていましたが、少しずつ息子が寝ていられる時間が延びていきました。また、母乳しか飲まずミルクを拒否していた息子が、7ケ月頃からミルクも飲めるようになったんです。ですが離乳食が始まったとはいえ、まだミルクの為に夜中に起きないといけない日もありました。

 

そんな中でお誘いされた時、してもいいかな?と思える日は「Hをするのはいいけど、もし夜中に息子が起きたらミルクお願いしていい?」など交換条件を出していました(まぁ、夫が起きられなくて結局私だけでやったりすることもありましたが)。夫はそれを承諾してくれるので、心おきなく?できました。

 

2-4.息子が卒乳し、生理的な嫌悪感が小さくなった

上に書いたように息子は7ケ月頃からミルクも飲めるようになり、8ヵ月になる頃にはミルクと離乳食だけで済むようになりました。たぶん、私の母乳の出が少なかったのだと思います( ;∀;)

息子は自然に卒乳し、私のオッパイは役割を終え、そしてしぼんでいきました。おつかれさまです。合掌。

 

授乳が無くなると、前回の記事に書いたような嫌悪感が小さくなりました。あんなに胸を触られるのが嫌で嫌で仕方なかったのに、だんだんと平気になってきました。私の体調も整い始め、育児に慣れてきて精神的な余裕がうまれたのも理由のひとつだと思います。また、息子が保育園に通えるようになり、私の時間が増えてラクになったことも大きいです。余裕って大切ですね・・・。

  

2-5.夫の事が好きという気持ちが根底にある

当たり前のことですが、やっぱり「好き」という気持ちがあったから完全なレスにはならなかったのだと思います。ただ、この気持ちが私に残っていたのは、これまで書いてきた夫の努力の積み重ねがあったおかげです。

私が嫌がっても無理強いしてきたり、グチグチ言ったり、家事や育児に全くノータッチな夫であれば、私はよけい意固地になって拒否しまくり、離婚してたかもしれません・・・。

 

  

3.そうは言っても、平気で2カ月開いたりするんだけどね

完全にセックスの回数が0(ゼロ)にはなりませんでしたが、1度すると私が「これでしばらくしなくても大丈夫だね☆アハッ」状態になるので、ほっとくと平気で2カ月開いたりします。

体調の回復とともに徐々に性欲も戻ってきて、時々ふと夫に対して「愛おしいなぁ・・・したいな」と思う時もありました。けれどまだ面倒くさい気持ちが上回っていたので、私からそれを口に出すことはほとんどありませんでした。

夫は相変わらず優しいので、私は危機感も感じることなく、のんびりと過ごしていました。

 

ですがある日、夫の本音を知ることになります。

 

 

また今回も長くなりました・・・。

文字ばっかり打って目がくたびれてきたので、次は短めにします(∩´∀`)∩

次回は、箸休め。実際にあった、夫と私の寝床でのセックスするかしないか攻防をお送りしたいと思います。だいぶどうでもいい内容です。

夫の本音については、次の次に書きたいと思います。

 

つづく